カラコン探しの決定版

カラコンのメリットはこんなに

カラコンをつけるとおしゃれの幅が広がる

おしゃれをもっと楽しみたい、似合うファッションやメイクをしたいといろいろ試しているのに、どうも自分にはしっくりこないという場合があります。

日本人の場合、大抵の人が黄色人種なので、殆どの人が黄色味の強い肌の色、黒髪、そして、濃い茶色の瞳の色をしています。

となると、どうしても似合う色やファッションが限られてしまいます。

そこで、カラーリングで髪の色を変えたり、ファンデーションや日焼けで肌の色を変えたりして似合うおしゃれに幅をもたせることもできるわけです。

それに加えて、カラコンを装着することにより、より自然に似合うようにもなります。 なぜなら、それは日本人と外国人を比較してみるとよくわかります。

外国人は肌、髪、瞳の色がさまざま

外国のモデルや女優さんたちは、とても個性的なおしゃれを様々に楽しんでいる人が多く、マネしてみたいと思う事もあるでしょう。

でも、ファッションやメイクというのは、そのまま取り入れても、自分の髪色、肌色、瞳の色が当人とそもそも全く違うので、似合わないことも多いものです。

例えば、黄色人種である日本人の方が、白人の方のファッションやメイクをそのまま真似ると「どうも似合わない」と感じることがありませんか?

それは、ずばり肌、髪、瞳の色が違うからです。

肌色、髪色を変えておしゃれを楽しむ人が大多数になってきていはいますが、瞳の色については、あまり気にしない人の方が多いかもしれません。

でも、憧れのファッションやメイクをより自然に似合うようにするには、瞳の色も変えるのがもっとも効果的です。

そして、瞳の色を変えると、目を実際よりも大きく見せられるメリットもあります。

瞳の色や大きさでこんなに違う?!

黄色人種の日本人の場合、瞳は大抵濃い茶色をしています。

濃い色というのは、収縮して見えるため、瞳の大きさを実際よりもこぢんまりと小さめに感じられます。

一方、白人の方は、薄い茶色、グリーンぽい茶色、ブルーなどソフトな色合いが多いですが、それらは膨張してみえますので、目が大きく見え、存在感もあります。

もちろん、カラコン各社は、日本人に似合うようにカラー調整やカラーの開発をしているので安心です。

もし、学校や職場で使用したい場合には、日本人らしいベーシックな色合いでサイズが大きめのものを選ぶといいでしょう。

カラコンで目力が出ると、スッピンでも自信が持てる上、アイメイクもより美しく映えるメリットもあります。