カラコン探しの決定版
カラーコンタクトレンズNAVI > 基礎知識 > レンズの裏表をどうやって見分けたらいい?

レンズの裏表をどうやって見分けたらいい?


カラコンにも裏と表がある?

カラコンはソフトコンタクトレンズになるわけですが、装着時の自然さゆえに、時々レンズの裏表がわからなくなることがあります。

もし、急いでいるときなどに、レンズの裏表がわからないまま慌てて装着してしまうと眼球を傷つける恐れもあります。

こんなとき、どのように見分ければよいのでしょうか。

実は、カラコンなどのソフトコンタクトレンズの裏表を判断するポイントがあります。

ソフトコンタクトレンズ・裏表の見分け方

カラコンなどのソフトコンタクトレンズの場合、保存液につけられていますが、そのとき正常なフォルムで保存されているとは限らないのが厄介なところです。

取り出すときには、まずはケースからそのままの状態で取り出しましょう。

力を加えないようにしてつまんだら、ゆっくり水分をふり落とし、指に乗せてみましょう。

このとき、レンズが裏返らずに、形がそのまま保持されるようであればそのまま装着して大丈夫です。

もし、わからないときには、レンズをやさしく二つ折りにしてみます。

コツは、レンズの中央部よりも端の方をやさしくつまみます。

つまんでみたときに、端から反発するような感覚であれば裏返っている可能性が高く、反発する感覚がなければそのまま装着して大丈夫です。

特に、薄さ・ソフトさに特長のあるレンズになればなるほど、裏表の見分け方は困難になります。

メーカーによっては、数字などがマーキングされ、裏表を判別できるようになっているものがあります。

カラコンを購入したら、まず取り扱い説明書をよく読み、裏表の判別の仕方を覚えておくと便利です。

裏表を間違えるとどうなる?

カラコンなどのコンタクトレンズは、装着時の自然さを保つために眼球のカーブにフィットするようなデザインに設計されています。

このため、もし裏表を逆に装着した場合には、装着時の違和感がありますので、すぐにわかります。

例えば、目の中がゴロゴロする、痛みが出る、外れやすくなる、などの不具合が生じます。

また、いつもと違った見え方になるので、それで気づく場合も多いです。

もし、レンズの裏表を逆に装着し続けると、角膜を傷つけたりするほか、気分が悪くなる可能性もあります。

ちょっとした違和感があるときでも、裏表が逆になっている可能性が高いので、面倒でも外してみて裏表を確認してみましょう。

付け直す場合、レンズを清潔な状態にして再度、装着しましょう。

万一、裏表を確認して装着しなおしたのに、痛みや違和感がある場合には早めに眼科を受診するのをおすすめします。